ほうれい線 原因

MENU

ほうれい線はなぜ出来る?ケアの前にまずは原因を知ろう

ほうれい線 画像

さまざまなエイジングサインの中でも、特に見た目の
印象を左右すると言われているのがほうれい線です。

 

ほうれい線とは、小鼻の横から口角に向かって出来る、
八の字型のしわのことで、主に30代半ば頃から、
気になりだす人が増加します。

 

 

小じわやシミなどと比べても、メイクで隠すことが難しく、
年齢を重ねる程悪化していく場合がほとんどなので、
一度出来てしまうとあきらめてしまう人も多いようです。

 

しかし、放っておくと悪化が進み、改善されることは
残念ながらほとんどありません。

 

少しでもほうれい線を薄くし、目立たなくするために、
まずはほうれい線が出来てしまう原因を知り、その原因に
合わせた対策をして、若々しい肌をキープしましょう。

 

 

原因その1 皮膚のたるみ

 

加齢とともに肌のハリを保つ働きをするコラーゲンや
エラスチンという成分の生成量が減り、どんどん減少すると
いうことがわかっています。

 

これらの成分がなくなることで、肌はハリや弾力を失い、
たるんでいき、しわが刻まれることになるのです。

 

特にほうれい線に深いかかわりのある頬は、脂肪が厚く
ついている場所なので、特に垂れ下がりやすく、
口元にしわを作ると考えられています。

 

また、このコラーゲンやエラスチンは加齢だけでなく
紫外線を浴びることでも破壊されて減少するので、まだ
エイジングケアが必要ではない年齢の方でも注意が必要です。

 

 

原因その2 乾燥

 

乾燥肌の人は、しわが特に出来やすいものです。
もちろんほうれい線もしわのひとつ。

 

肌が乾燥していると、ハリや弾力も低下している状態なので
紫外線ダメージなども受けやすく、ますますしわが深くなって
目立つようになってしまいます。

 

ほうれい線が出来る要素を持っていても、肌にしっかりと
うるおいや弾力がある場合と、乾燥してしまっている場合では
見た目にもかなりの違いが出るのです。

 

 

原因その3 顔の筋肉の衰え

 

頬のたるみにも関係することですが、皮膚が垂れてしまう
原因のひとつとして、頬などにある表情筋やフェイスラインの
筋力が低下していることが挙げられます。

 

厚く重い頬の肉を筋肉が支えきれなくなることで、たるみが
生じてしまい、ほうれい線へとつながってしまうのです。

 

 

原因その4 血行やリンパの滞り

 

意外にも肩こりなどもほうれい線と関係があると言われています。

 

肩が張ってしまっていると、血液やリンパ液の流れが悪くなり、
それによって顔や頭の血液やリンパ液も滞りやすくなると
考えられています。

 

そうなることで顔のむくみが発生し、よりほうれい線が
目立ちやすくなってしまうのです。

 

 

原因その5 その他

 

10代や20代前半といった若いうちからほうれい線が
出来てしまう場合もあります。

 

そういった場合は、顔の骨格や歯並び、表情の癖など
生まれつきのものや習慣が原因となることがほとんどです。

 

また、急激なダイエットも肌のたるみの原因となることが
あり、脂肪吸引や無理なダイエットに伴って顔が老けて
見えてしまうことがあるというのも、ほうれい線やしわが
出来てしまうためだと言われています。

 

 

ほうれい線対策化粧品 ランキング

ほうれい線はなぜ出来る?ケアの前にまずは原因を知ろう関連ページ

ほうれい線を作らせないために出来る5つのこと
ほうれい線の予防として効果的な方法をご紹介しています。ほうれい線を作らせないために出来る5つのこととは?
出来てしまったほうれい線は消えるのか?改善法について
ほうれい線は一度出来ると、消すのは非常に困難と言われています。そんなほうれい線を改善する方法はあるのでしょうか?
ほうれい線対策に効果的な化粧品やコスメを紹介!
ほうれい線対策に効果的な化粧品やコスメがあるのをご存知でしたか?効果的にほうれい線対策をするためのおすすめアイテムをご紹介しています。